ユーザーマニュアル| LRD7200

LRD7200

ユーザーガイド  のために

LRD7200ティアテープ– 静電容量式ラベルセンサー

 

PDFファイルのダウンロード


説明

LRD7200は、スプライスとティアストリップを同時に検知するためのコンビネーションセンサーです。 検出面は、24インチケーブルでセンサー制御電子機器に接続された別のプローブ本体に含まれています。

センサーのXNUMXつの独立した機能には、完全に独立した出力とセットアップがあります。 センサーの上半分の調整とインジケータは、スプライス検出器に関連しています。 センサーの下半分の調整とインジケータは、涙液ストリップ検出器に関連しています。


注意

センサーヘッドと電子モジュールは一緒に較正され、同じシリアル番号を持っています。 最適なパフォーマンスを維持するために、これらのコンポーネントを一緒に使用する必要があります。 一致したペアは一緒のままであるべきです。


LRD7200配線

LRD7200配線

ワイヤー色 ピン シグナル ノート
ブラウン 1 + Vin(24 V)
ブルー 3 グラウンド
ブラック 4 スプライス出力 0または+ V
ホワイト 2 ティアストリップ出力 0または+ V

 

 

 

 

 

 

 


【仕様】
パワーイン 20-26V – 200mA
最適なセンサーギャップ 0.025インチ、0.06 mm
スプライス検出応答時間 30μs
涙液膜の応答時間 40μs
運転温度 40 120°F°F
4°C 50°C
出力 0または+ V
センサー間ケーブル長 2フィート(0.6M)
システムケーブル長 6フィート(2M)

 


スプライスセンサーのセットアップ
  1. センサーからすべての材料を取り除くか、センサーのみにバッキングを取り付けます。
  2. インジケータがXNUMXつの中央のLEDの間で切り替わるポイントになるまでゼロを調整します。
  3. スプライスがセンサーヘッドの[SENSOR]エリアの下にあることを確認して、スプライスをセンサーに挿入します。 材料がセンサを通って移動したときに、インジケータは、スプライスとバッキングとの間の遷移の間の端部に向かって移動します。
  4. トランジション中にインジケーターがトランジションピーク間を移動するように、センサーを通してスプライスを移動しながらゲインを調整します。
  5. インジケーターがトランジション中に両端に到達する場合、GAINを下げる必要があります。
  6. これでセンサーの準備ができました。

スプライスセンサーのセットアップ


涙ストリップセンサーの設定
  1. センサーで開封帯と場所材料。 必ずティアストリップをセンサーヘッドの[]マークに合わせてください。
  2. ZEROを調整して、STRIP PRESENTエリアのインジケーターのXNUMXつを点灯させます。
  3. センサーでストリップすることなく、材料置きます。
  4. GAINを調整して、NO STRIPエリアのインジケーターのXNUMXつを点灯させます。
  5. ストリップマテリアルを再挿入し、インジケータがまだSTRIP PRESENTエリアにあることを確認します。 必要に応じて、手順2-4を繰り返します。 (大きな利得調整は、ゼロに再調整を必要とするかもしれません)。

涙ストリップセンサーの設定


警告
  • センサー本体はアースに接続されています。
  • センサーは、30VRMSまたは60VDCを超える電圧に接続しないでください。
  • すべての外部接続はSELV(Safety Extra Low Voltage)でなければなりません。
  • センサーを取り付けるときは、すべての電源がオフになっている必要があります。
  • 他の方法で機器を使用すると、機器の安全性とEMI保護が損なわれる可能性があります。

機械的詳細

機械的詳細