ユーザーマニュアル| LRD5100

LRD5100

ユーザーガイド  のために

LRD5100ティアテープ–容量性 ラベルセンサー

PDFファイルのダウンロード


説明

LION PRECISION LRD5100涙型センサーは、フィルムベースの涙型テープの存在を監視するために使用される電子容量センサーです。 センサーのNPNおよびPNP出力は涙テープの有無を示しています。

センサーは、非金属フィルムバッキング上ティアテープ材料のすべてのタイプで動作します。


センサーへの接続
警告
  • センサー本体はアースに接続されています。
  • センサーは、30VRMSまたは60VDCを超える電圧に接続しないでください。
  • すべての外部接続はSELV(Safety Extra Low Voltage)でなければなりません。
  • センサーを取り付けるときは、すべての電源がオフになっている必要があります。
  • 他の方法で機器を使用すると、機器の安全性とEMI保護が損なわれる可能性があります。

LRD5100配線
LRD5100Cワイヤの色 LRD5100ワイヤの色 接続 ノート
1(ブラウン) レッド + VIN(12-24V) 最大50mA
2(ホワイト) ブラック グラウンド センサー本体に接続
3(青) グリーン NPN出力

最大150mA 最大90V

4(黒) ブルー PNP出力 最大150mA + Vinからのソース
5(グレー) ブラウン 接続なし

LRD5100配線


【仕様】
電源 電圧 11-28 VDC(逆極性保護)
現在のプラン 50mA
反応時間 オンまたはオフ 最大20μs
スイッチング周波数 最大10kHz
出力 出力電流(シンクまたはソース) 最大150mA(過負荷保護)
スイッチング出力 PNPまたはNPN
温度 動作範囲 40°Fに140°F(4°C 60°Cまで)
プロテクション 供給 逆極性保護
スイッチング出力 短絡および過負荷保護

 


設定手順

XNUMXつの調整はXNUMX回転調整です。 調整が終了すると、それらは回転し続けますが、効果はありません。 センサーの古いバージョンでは、「出力」ライトに「エッジ」というラベルが付けられていました。


非金属製のティアテープのセットアップ
  1. センターXNUMXつのターン時計回り、反時計回りにXNUMXターンに回してGAINコントロール。
  2. センサーの隙間にウェブ素材を置き、「ストリップ」マーカーにテープを正しく並べて、ZEROライトが点灯するまでZEROコントロールを調整します。
  3. ティアテープのセクションを削除します。
  4. センサーの下を前後して「涙テープの存在」セクション「欠落涙テープ」を渡します。 出力テープ(一部のモデルではEDGE)が、欠落テープと現在のティアテープとの間の移行で点滅する場合、セットアップは完了しています。
  5. 出力光がトランジションで点滅しない場合はそれがないまで、GAINコントロールを時計回りに回します。
  6. GAINコントロールを時計回りにさらにXNUMX/XNUMX回転させます。

メタリックティアテープのセットアップ
  1. センターXNUMXつのターン時計回り、反時計回りにXNUMXターンに回してGAINコントロール。
  2. 出力光がちょうど消えるまでのギャップに配置されない材料、又はウェブ材料のみ(無ティアテープ)と、ゼロ調整。
  3. 時計回りにゼロ回転半回転します。
  4. 引き裂きテープがある状態で適切に動作することを確認します。

出力波形

出力波形


機械的詳細

機械的詳細