ユーザーマニュアル| LRD4100

のユーザーズガイド

LRD4100

PDFファイルをダウンロード


LION PRECISION LRD4100ラベルセンサーは、ラベルの登録の監視やラベルのカウントに使用される電子センサーです。 NPNおよびPNPタイプの出力は、ラベルのリーディングエッジまたはトレーリングエッジを示します。 出力極性はワイヤーで選択可能です。

2.5 mm(0.1インチ)未満のラベル間のギャップは、確実に検出されない場合があります。 金属ラベルや隙間のないラベルは検出されません。

LRD4100ミッシングラベルセンサーは、信頼性の高い動作を保証するために非常に厳しい取り付け要件があります。 センサー表面とウェブが移動するベースプレートとの間の不変の平行度は重要です。

センサーの取り付け

アクティブエンドが機械的に安定した導電性のリファレンスプレートと平行になるようにセンサーを取り付けます。 センサーからプレートまでの距離は0.813±0.076mm(0.032±0.003 ")で、平行度は0.05mm(0.002")以内である必要があります。 取り付けハードウェアは、動作環境の熱範囲全体でこれらの仕様を維持するのに十分な剛性が必要です。 センサー本体と基準プレートの間に導電性がなければなりません。 詳細については、LionPrecisionを参照してください。 TechNote LT04-0020 LRD4100ラベルセンサーの取り付け で入手可能 www.lionprecision.com

ラベル材料がセンサーのアクティブ領域を完全に覆うようにセンサーを取り付けます。 

警告:
  • センサー本体はアースに接続されています。
  • 30VRMSまたは60VDCを超える電圧にセンサーを接続しないでください
  • センサーを取り付けるときは、すべての電源がオフになっている必要があります。
  • 他の方法で機器を使用すると、機器の安全性とEMI保護が損なわれる可能性があります。

LRD4100配線

ワイヤー色

接続

ノート

ビン(11-28V)

最大50mA

ブラック

グラウンド

センサー本体に接続

NPN出力

最大150mA

PNP出力

最大150mA

褐色

出力極性
(明暗切り替え)

+ Vまたはアース
背中に詳細を見る

警告:信頼性の高い動作のためには、茶色のワイヤを+ Vまたはアースに接続する必要があります。

設定手順
  1. センサーからすべての材料を取り除きます。
  2. ゲインポットを反時計回りに4回転させます。
  3. ゲインポットを時計回りに2回転します。
  4. ゼロLEDが点灯するまでゼロポットを回します。 (LEDがオンの場合は反時計回りに回転し、LEDがオフの場合は時計回りに回転します)
  5. センサーに材料を挿入します。 材料をセンサーに通してゲインを観察しますギャップとラベルの間でゲインLEDが点滅したら、セットアップは完了です。 LEDが点滅しない場合は、ラベルを移動しながらゲインポットを時計回りに回し、LEDが点滅するまで½回転し続けます。 センサーを実行する準備ができました。
 注意:

1)一部のインク(通常は黒)は、炭素含有量が高くなっています。 これらのインクは金属のように動作し、LRD4100では確実に機能しない場合があります。

出力と機械的詳細

明暗の切り替えは、ラベルの移動方向と出力極性接続の影響を受けます。 以下の出力の説明は、図に示されているウェブ方向と 逆になります 他の方向のウェブの動きのため。

【仕様】

電源

電圧

11-28 V(逆極性保護)

現在のプラン

50mA

応答時間

オンまたはオフ

最大20µs

スイッチング周波数

最大10kHz

出力

出力電流(シンクまたはソース)

最大150mA(過負荷保護)

スイッチング出力

PNP(ソーシング)またはNPN(シンク)、
暗いまたは明るいスイッチング

温度

動作範囲

40°Fに140°F(4°C 60°Cまで)

プロテクション

供給

逆極性保護