ユーザーマニュアル| ECL202

ECL202

のユーザーズガイド

ECL202 / ECL202e –渦電流変位センサー

 

PDFファイルのダウンロード[英語]

PDFファイルのダウンロード[中国語]


承認と安全性に関する考慮事項

ECL202 / ECL202eは、次のCE指令に準拠しています。

安全性:61010-1:2001

EMC: 61326-1, 61326-2-3

これらの標準への準拠を維持するには、次の動作条件を維持する必要があります。

  • すべてのI / O接続ケーブルの長さはXNUMXメートル未満でなければなりません
  • AC電源ケーブルの定格は、最低250 Vおよび5 Aでなければなりません
  • AC電源は、定格20 A未満の接地された主電源コンセントに接続する必要があります
  • 電源は、CE認定を取得し、IEC60950または61010に準拠した主電源から安全に絶縁する必要があります。
  • センサーは、30 VRMSまたは60 VDCを超える危険電圧で動作する部品に取り付けないでください。
  • すべての外部接続はSELV(Safety Extra Low Voltage)でなければなりません。

他の方法で機器を使用すると、機器の安全性とEMI保護が損なわれる可能性があります。


ECL202およびECL202e

ECL202eは、ECL202eの解像度が202 µmを超えないことを除いて、ECL0.2と同じです。 このため、ECL202eは輸出ライセンスを必要としません。

このマニュアルでは、ECL202のみを参照しますが、注記がある場合を除き、すべての指示はECL202eに適用されます。


説明

Lion Precision ECL202渦電流変位センサは、導電性ターゲットの位置変化を高解像度で非接触で測定します。 このシステムは、ドライバーの電子回路と、特定の材料と範囲に対して較正されたプローブで構成されています。 キャリブレーション情報の詳細は、システムに同梱されているキャリブレーション証明書に記載されています。

ECL202は、ターゲット位置の変化に比例した線形アナログ電圧と、ユーザーが設定したスイッチング設定点を備えたデジタルスイッチング(設定点)出力を提供します。


クイックスタート手順
  1. プローブをECL202に接続します。
    1. ECL202は、シリアル番号で識別される特定のプローブに対して較正されます。 プローブのシリアル番号は、ECL202の前面にある「USE PROBE S / N」ラベルと一致する必要があります。
  2. 出力を監視デバイスに接続します。
  3. 接続してから電源を入れます。
  4. プローブの位置を調整して、範囲インジケータが緑色に表示されるようにします

フロントパネルのコントロールとインジケータ

 

LEDレンジインジケータ

範囲インジケータは、校正範囲内のプローブ位置を監視および表示します。 以下の図は、校正範囲内のさまざまなポイントでのインジケーターの状態を示しています。

LEDレンジインジケータ

LED範囲インジケータは出力電圧に依存せず、オフセットボタンの影響を受けません。 オフセットボタンを使用して出力電圧をシフトすると、プローブが範囲外にある間、明らかに有効な出力電圧が存在する可能性があります。 近距離または遠距離のLEDが赤色の場合、プローブは範囲外であり、出力電圧はターゲット位置の信頼できる表示ではありません。

オフセットボタン

[オフセット]ボタンを押すと、出力電圧のDCレベルが電圧範囲の中央にシフトします(つまり、5〜0 Vの出力の場合は10 V)。 このボタンは、プローブが校正範囲の中央20%にある場合にのみ機能します(中央の緑色のLED)。 範囲インジケータの中央の緑色のLEDが点灯していない場合、オフセットボタンは機能しません。

この機能は、基準測定用の反復可能なマスターポイントを確立します。

  1. 測定エリアに適切な部分を配置します
  2. プローブを範囲の20%の中央に配置(中央のインジケータLED)
  3. オフセットボタンを押す
  4. 後続のすべての測定は、範囲の中心からの偏差を示します(5 V)

オフセットのリセット

出力DCシフトを除去するには、オフセットボタンをXNUMX秒間押し続けます。

設定値ボタン

ECL202は、スイッチ出力がアクティブになる調整可能な設定値を提供します。 出力電圧がユーザー調整の設定値よりも正の場合(ギャップが大きい場合)、出力スイッチは閉じます。 Setpointボタンを押すと、しきい値電圧が現在の出力電圧に設定されます。 セットポイントには0.085Vのヒステリシスが含まれており、スイッチ出力が開く前に、センサー出力がセットポイント電圧より0.085V低下する必要があります。


アナログおよび出力信号

出力信号は0〜10 VDCのアナログ電圧です。 出力電圧は、プローブとターゲットのギャップに比例します。 プローブとターゲットのギャップが大きくなると、電圧はより正になります。 特定の情報については、付属の校正証明書をご覧ください。

出力電圧の解釈

プローブとターゲットのギャップの特定の変化に対する出力電圧の変化は、感度と呼ばれます。 感度は、校正証明書に記載されています。

ギャップ計算の変更:

ギャップ変化=電圧変化/感度

例:1V / 2 µmの感度と+3 Vの電圧変化により、プローブとターゲットのギャップが6 µm増加しました。


リモートオフセットとセットポイント

フロントパネルの[オフセット]ボタンと[セットポイント]ボタンは、リモートでアクティブにできます。 各リモート入力は光アイソレータに接続します。 これらの機能は、リモコン入力端子に15〜24 Vを印加することにより有効になります。

注:リモート操作はフロントパネル操作を模倣しているため、オフセット機能をXNUMX秒以上アクティブにすると、オフセットの工場出荷時のデフォルト値が復元されます。


セットポイントスイッチ出力

出力電圧がユーザーが調整したセットポイント電圧よりも正の場合、出力スイッチの接点が閉じます。 これらの接点の最大抵抗は2.5Ωで、最大250 mAを流すことができます。 切り替え可能な最大電圧は30VAC / 60VDCです。 出力はソリッドステートスイッチの閉鎖であり、ACまたはDCを伝導できます。


帯域幅の選択(ECL202のみ)

帯域幅コネクタのジャンパー線は、センサーの帯域幅を選択します。 帯域幅を選択するには、目的の帯域幅端末を帯域幅選択連絡先に接続します。 ジャンパーなしでは、帯域幅は15 kHzです。 帯域幅の仕様は-10%/ + 30%です。


パフォーマンスの最大化

延長ケーブル

プローブ延長ケーブルでキャリブレーションされたセンサーは、仕様を満たすために延長ケーブルで動作する必要があります。 延長ケーブルなしで操作すると、測定が不正確になります。

プローブの取り付け

複数のプローブが一緒に取り付けられている場合、少なくともXNUMXつのプローブ直径で分離する必要があります。

側面からプローブ直径3以内、背後1.5直径以内の領域は、測定対象物以外の金属物を避けてください。 それ以外の場合は、カスタムキャリブレーションが必要です。

プローブの取り付け

接地されていないターゲット

接地されていないターゲットは、センサーにノイズを注入する可能性があります。 出力のノイズが異常に大きい場合は、ターゲットが接地されていることを確認してください。 移動/回転するターゲットでは、これは小さな金属ブラシまたは地面に接続された薄い金属片で実現できます。

複数のセンサー

同じターゲットで複数のセンサーを使用する場合、センサーを同期する必要があります。 相互接続回路基板は、複数のドライバーの背面に接続して、同期信号を提供します。 相互接続ボードが所定の位置にある状態で、複数のセンサーの注文が出荷され、ドライバーはXNUMXつのユニットとしてピン留めされます。

各ECL202を、各ECL202の前面にある「USE PROBE S / N」ラベルに示されているプローブに接続することが重要です。


ECL202への接続

ECL202への接続

接続 説明 ノート
後部コネクタ:オフセットを削除
接続なし
接続なし
リモートオフセット+ +リモートオフセット機能用の光アイソレータ入力 15-24 VDC機能を有効にします
リモートオフセット– –リモートオフセット機能用の光アイソレータ入力
前面上部コネクタ:リモート設定点とスイッチ出力
リモートしきい値– –セットポイント機能用の光アイソレータ入力 15-24 VDC機能を有効にします
リモートしきい値+ +セットポイント機能用の光アイソレータ入力
スイッチ スイッチ出力の接点1

オープン:30 VAC / 60 VDC max

クローズド:250 mA max

スイッチ スイッチ出力の接点2
底部前面コネクタ:電源およびアナログ出力
パワーイン 入力パワー

 

電源グランド 電源グランド

内部接続

出力信号グランド 出力信号電圧のリファレンス

 

出力信号 出力信号電圧

0-10 VDC

下部背面コネクタ:帯域幅(ECL202のみ)
選択された帯域幅 帯域幅選択ジャンパーの共通点

 

100Hz、1kHz、10kHz 選択された帯域幅に接続された帯域幅選択

なし= 15 kHz

 


【仕様】
パラメーター
製品仕様 ノート
電源要件 15-24 VDC、2.5 W
解像度@ 15kHz(標準)1,2 非鉄 0.006〜0.008%FS(ECL202)0.3 µm以上(ECL202e) 詳細については、キャリブレーションシートを参照してください
鉄の 0.007〜0.1%FS(ECL202)0.3 µm以上(ECL202e)
直線性1 ±0.2%FS
エラーバンド1 ±0.4%FS
アナログ出力1 0-10 VDC、0Ω、最大15 mA 
アナログ出力更新レート 15 µS
セットポイントスイッチ出力 ソリッドステートスイッチの閉鎖:オン状態:2.5Ω、最大250 mAオフ状態:最大30 VAC / 60 VDC
リモート設定点とオフセット入力 15-24 VDCがアクティブ、3-7 mA 光アイソレータ入力
ドライバーの動作環境 4°C-50°C、IP40
プローブ動作環境 標準プローブ -25°C〜+ 125°C、IP67 
高温。 プローブ -25°C〜+ 200°C、IP63 

 

1実際の値はプローブと範囲に依存し、製品に同梱されている校正証明書に記載されています。 交換証明書については、Lion Precisionにお問い合わせください。

2高EMI環境(10 V / m)では、出力ノイズレベルが30 mVに上昇し、分解能が0.3%に低下する可能性があります。

パラメーター 製品仕様 ノート
温度係数(ドライバー 非鉄 U3プローブ ±0.04%FS /°C 15°Cから50°Cの温度範囲 
U5プローブ ±0.1%FS /°C
U8プローブ ±0.04%FS /°C
U12プローブ
U18プローブ
U25プローブ
U38プローブ
U50プローブ
鉄の U3プローブ ±0.08%FS /°C
U5プローブ ±0.1%FS /°C
U8プローブ ±0.04%FS /°C
U12プローブ
U18プローブ
U25プローブ
U38プローブ
U50プローブ
温度係数(プローブ) 非鉄 U3プローブ ±0.04%FS /°C 15°Cから65°C以上
温度範囲 
U5プローブ ±0.04%FS /°C
U8プローブ ±0.02%FS /°C
U12プローブ ±0.02%FS /°C
U18プローブ ±0.01%FS /°C
U25プローブ
U38プローブ
U50プローブ
鉄の U3プローブ ±0.04%FS /°C
(15°Cから35°C)
±0.08%FS /°C
U5プローブ ±0.01%FS /°C
U8プローブ ±0.04%FS /°C 
U12プローブ ±0.03%FS /°C
U18プローブ ±0.01%FS /°C
U25プローブ ±0.01%FS /°C
U38プローブ ±0.02%FS /°C
U50プローブ ±0.01%FS /°C

 


機械的詳細

機械的詳細