ユーザーマニュアル| ECL150

ECL150

のユーザーズガイド

ECL150 / ECL150e –渦電流変位センサー

 

PDFファイルのダウンロード[英語]

PDFファイルのダウンロード[中国語]


承認と安全性に関する考慮事項

ECL150およびECL150eは、次のCE指令に準拠しています。

  • 2006/95 / EC(低電圧指令)
  • 2004/108 / EC(EMC)は、次の標準を使用して検証されています。
  • 安全性:61010-1:2001
  • EMC:61326-1、61326-2-3これらの規格への準拠を維持するには、次の動作条件を維持する必要があります。
  • すべてのI / O接続ケーブルの長さはXNUMXメートル未満でなければなりません
  • AC電源ケーブルの定格は、最低250 Vおよび5 Aでなければなりません
  • AC電源は、定格20 A未満の接地された主電源コンセントに接続する必要があります
  • 電源は、CE認定を取得し、IEC60950または61010に準拠した主電源から安全に絶縁する必要があります。
  • センサーは、30 VRMSまたは60 VDCを超える危険電圧で動作する部品に取り付けないでください。
  • すべての外部接続はSELV(Safety Extra Low Voltage)でなければなりません。

他の方法で機器を使用すると、機器の安全性とEMI保護が損なわれる可能性があります。


ECL150およびECL150e

ECL150eは、分解能が150 µmのベストケースに制限されていることを除いて、ECL0.3と同じです。 このため、ECL150eは輸出ライセンスを必要としません。 輸出制限の詳細については、 www.lionprecision.com/exports-and-the-ear99-classification/

このマニュアルではECL150のみを参照しますが、すべての指示はECL150eに適用されます。


説明

Lion Precision ECL150渦電流変位センサーは、導電性ターゲットの最大150チャネルの高解像度非接触変位測定を提供します。 このシステムは、特定の材料、範囲、およびECL150チャネル用に較正されたドライバーエレクトロニクスとプローブで構成されています。 ECL5は、各チャネルに±XNUMX Vのリニア出力を提供します。 より正の出力電圧は、プローブがターゲットから遠いことを示します。 キャリブレーション情報の詳細は、システムに同梱されているキャリブレーション証明書に記載されています。


クイックスタート手順
  1. プローブをECL150の一致するチャネルに接続します。
    1. 各チャネルは、プローブケーブルのチャネル番号マーカーで識別される特定のプローブに対して較正されます。 プローブのシリアル番号は、電子機器エンクロージャの端にあるラベルに記載されています。
  2. 出力を監視デバイスに接続します。
  3. 接続してから電源を入れます。
  4. プローブの位置を調整して、範囲インジケータが緑色に表示されるようにします

LEDレンジインジケータ

レンジインジケーター範囲インジケータは、校正範囲内のプローブ位置を監視および表示します。 インジケータは、プローブが較正範囲内にある場合は緑色で、較正範囲外にある場合は赤色です。 範囲インジケータが赤色の場合、出力電圧は信頼できる測定値ではありません。

 


アナログ出力信号

各チャネルの出力信号は、±5 VDCアナログ電圧です。 出力電圧は、プローブとターゲットのギャップに比例します。 プローブとターゲットのギャップが大きくなると、電圧はより正になります。 特定の情報については、付属の校正証明書をご覧ください。

出力電圧の解釈

プローブとターゲットのギャップの特定の変化に対する出力電圧の変化は、感度と呼ばれます。 センサーの感度は、校正証明書に記載されています。

ギャップ計算の変更:

ギャップ変化=電圧変化/感度

例:1V / 2 µmの感度と+3 Vの電圧変化により、プローブとターゲットのギャップが6 µm増加しました。


プローブの取り付け

複数のプローブを一緒に取り付ける場合、チャネル間の干渉を防ぐために、少なくとも3つのプローブ直径でプローブを分離する必要があります。 側面からプローブ直径3以内、背後1.5直径以内の領域は、測定対象物以外の金属物を避けてください。 それ以外の場合、カスタムキャリブレーションが必要になります。

プローブの取り付け


延長ケーブル

プローブ延長ケーブルで較正されたセンサーは、仕様を満たすために延長ケーブルを取り付けて動作させる必要があります。 延長ケーブルなしで操作すると、測定が不正確になります。


地下ターゲット

接地されていないターゲットは、センサーにノイズを注入する可能性があります。 出力のノイズが異常に大きい場合は、ターゲットが接地されていることを確認してください。 移動/回転するターゲットでは、これは小さな金属ブラシまたは地面に接続された薄い金属片で実現できます。


複数のシステム

ECL150内のすべてのチャネルは同期されており、同じターゲットで使用できます。 同じターゲットで複数のECL150を使用する場合、最高のパフォーマンスを得るにはシステムを同期する必要があります。 相互接続ケーブルは、同期入力コネクタと同期出力コネクタ間を接続します。 単一システムには、これらのコネクタがインストールされていません。


帯域幅を設定する

システムは、注文仕様に基づいて校正証明書に記載されている帯域幅設定で出荷されます。 帯域幅を変更するには、I / Oコネクタのエンドプレートを取り外し、以下の表に従ってスイッチを設定します。 帯域幅の仕様は-10%/ + 30%です。

SW1 SW2 応答周波数
Up Up 250ヘルツ
値下がり Up 1kHz
Up 値下がり 10kHz
値下がり 値下がり 15kHz

 

帯域幅を設定する


ECL150への接続

ECL150には、必要なすべての接続ケーブルが付属しています。 電源と出力の接続ケーブルは、一端がM12デバイスコネクタで、他端が色分けされたワイヤで終端されています。

ECL150への接続

デバイスコネクタ:4ピン、M12、オス電源ケーブルPN:6203-0400 オスコネクタ
ピン ワイヤー色 接続
1 ブラウン 12から24 VDCへ 内部接続
2 ホワイト 12から24 VDCへ
3 ブルー 電源グランド 内部接続
4 ブラック 電源グランド

 

接続の同期

同期コネクタは、複数のシステムが一緒に販売されている場合にのみインストールされます。 同期ケーブル(Lion Precision部品番号6203-0820)をXNUMXつのシステムのSYNC OUTから他のシステムのSYNC INに接続します。 同期せずに同じターゲットで複数のシステムを使用すると、パフォーマンスが低下します。


出力1-4接続
デバイスコネクタ:8ピン、M12、メス出力ケーブルPN:6203-0810 メスコネクタ
ピン ワイヤー色 接続
1 ホワイト Ch1アウト
2 ブラウン グラウンド
3 グリーン Ch2アウト
4 イエロー グラウンド
5 グレー Ch3アウト
6 ピンク グラウンド
7 ブルー Ch4アウト
8 レッド グラウンド

 


出力5-8接続
デバイスコネクタ:8ピン、M12、メス出力ケーブルPN:6203-0810 メスコネクタ
ピン ワイヤー色 接続
1 ホワイト Ch5アウト
2 ブラウン グラウンド
3 グリーン Ch6アウト
4 イエロー グラウンド
5 グレー Ch7アウト
6 ピンク グラウンド
7 ブルー Ch8アウト
8 レッド グラウンド

 


【仕様】
パラメーター 製品仕様 ノート
電源要件
12から24 VDC、
1-2チャンネル– 2.5 W
3-4チャンネル– 3.5 W
5-6チャンネル– 4.5 W
7-8チャンネル– 5.5 W
分解能RMS @ 15 kHz(標準)1、2 非鉄
ECL150:0.006から0.008%FS
ECL150e:0.3 µm以上3
詳細については、キャリブレーションシートを参照してください
鉄の
ECL150:0.007から0.1%FS
ECL150e:0.3 µm以上3
直線性1 ±0.2%FS
エラーバンド1 ±0.4%FS
アナログ出力1 ±5 VDC、0Ω、最大15 mA
アナログ出力更新レート 15μS
ドライバーの動作環境 4°C-50°C、IP64
プローブ動作環境 標準プローブ -25°C〜+ 125°C、IP67
高温。 プローブ -25°C〜+ 200°C、IP63

 

1実際の値はプローブと範囲に依存し、製品に同梱されている校正証明書に記載されています。 交換証明書については、Lion Precisionにお問い合わせください。

2高EMI環境(10 V / m)では、出力ノイズレベルが60 mV(0.6%分解能)に上昇し、DCレベルが0.2 VDCシフトする場合があります。

3ECL150eは、分解能が150 µmのベストケースに制限されていることを除いて、ECL0.3と同じです。 このため、ECL150eは輸出ライセンスを必要としません。 輸出制限の詳細については、 www.lionprecision.com/exports-and-the-ear99-classification/

パラメーター 製品仕様 ノート

温度係数(ドライバー)

±%FS /°C

非鉄 U3プローブ 0.04 15°Cから50°Cの温度範囲 
U5プローブ 0.10
U8プローブ 0.04
U12プローブ 0.01
U18プローブ
U25プローブ
U38プローブ
U50プローブ
鉄の U3プローブ 0.08
U5プローブ 0.10
U8プローブ 0.04
U12プローブ 0.01
U18プローブ
U25プローブ
U38プローブ
U50プローブ

温度係数(プローブ)

±%FS /°C

非鉄 U3プローブ 0.04 15°Cから65°C以上
特に指定のない限り、温度範囲。
U5プローブ 0.04
U8プローブ 0.02
U12プローブ 0.02
U18プローブ 0.01
U25プローブ
U38プローブ
U50プローブ
鉄の U3プローブ 0.08
U5プローブ 0.10
U8プローブ 0.04
U12プローブ 0.03
U18プローブ 0.01
U25プローブ
U38プローブ
U50プローブ

 


機械的詳細

機械的詳細


電源

電源入力:100-240 VAC 50-60 Hz

出力:12 VDC @ 1.5 A(18 W)

CEおよびUL登録

電源