ユーザーマニュアル| ECA101

のユーザーズガイド

ECA101 –渦電流変位センサー

PDFファイルをダウンロード


説明

ECA101は、プローブとターゲット間の距離に比例する0〜10 VDCの出力を生成します。 プローブがターゲットから遠いほど、出力電圧はより正になります。 ECA101には、調整可能な設定点切り替え出力も含まれています。


承認と安全性に関する考慮事項

ECA101は、次のCE指令に準拠しています。

安全性:61010-1:2001
EMC: 61326-1, 61326-2-3

これらの標準への準拠を維持するには、次の動作条件を維持する必要があります。

  • すべてのI / O接続ケーブルの長さはXNUMXメートル未満でなければなりません
  • AC電源ケーブルの定格は、最低250 Vおよび5 Aでなければなりません
  • AC電源は、定格20 A未満の接地された主電源コンセントに接続する必要があります
  • 付属のCE承認の電源を使用してください。 代替電源を使用する場合、同等のCE認証を取得し、IEC60950または61010に基づいて主電源から安全に絶縁する必要があります。
  • センサーは、30VRMSまたは60VDCを超える危険電圧で動作する部品に取り付けないでください。
  • すべての外部接続はSELV(Safety Extra Low Voltage)でなければなりません。他の方法で装置を使用すると、装置の安全性とEMI保護が損なわれる可能性があります。

プローブの取り付け

検出フィールドと取り付けハードウェア間の相互作用を避けるために、プローブを取り付ける必要があります。 側面からプローブ直径3以内、背後1.5直径以内の領域は、測定対象物以外の金属物を避けてください。

これが不可能な場合、カスタムキャリブレーションが必要になる場合があります。

プローブの取り付け


延長ケーブル

プローブ延長ケーブルが含まれている場合、センサーは延長ケーブルを接続した状態で較正されます。 延長ケーブルなしでセンサーを操作すると、不正確な結果が生じる可能性があります。


スイッチドLED動作スイッチドLED動作

スイッチLEDは、セットポイントスイッチ出力のステータスを示します。 赤は電圧が設定点を超えていることを示し、スイッチは閉じています。 緑色は、電圧が設定値より低く、スイッチが開いていることを示します。


レンジLEDの動作 

LEDは、示されているようにターゲットの相対位置を示します。 中央の緑色のLEDは、プローブがアクティブ範囲(0-10 V)にあることを示します。 Rea LEDは、プローブがターゲットに近すぎる(<0 V)か遠すぎる(> +10 V)かを示します。


クイックスタート手順
  1. プローブのシリアル番号(プローブケーブルの熱収縮ラベル)がドライバーのサイドパネルラベルのプローブシリアル番号と一致することを確認します。
  2. IP-50要件と一致する領域の標準EN 022 40対称DIN取り付けレールにドライバーをインストールします。
  3. サイドパネルのラベル(またはこのガイド)に従って電源と出力を接続します。
  4. プローブを取り付け、プローブケーブルをドライバーに配線します。 18″ -24″ごとにプローブケーブルを所定の位置に固定します。 プローブケーブルを切断したり圧着したりしないように注意してください。
  5. プローブコネクタをフロントパネルドライバコネクタに差し込みます。 プローブコネクタをねじらないでください。
  6. 電源を投入し、必要に応じてアプリケーションに合わせてゲインとゼロを調整し、測定を開始します。 フロントパネルのLEDは、ターゲットとプローブの相対的な位置を示します。説明については、ドライバーのサイドパネルを参照してください。

校正

キャリブレーションの品質は、プローブ/ターゲットギャップをキャリブレーションの最小(オフセット)および最大ポイントに正確に設定する能力に依存します。

  1. プローブ/ターゲットのギャップを最小距離に設定します(オフセット)
  2. 0 VDC出力のゼロ調整
  3. プローブ/ターゲットのギャップを目的の範囲の最大距離に設定します
  4. 目的の出力電圧(通常10 VDC)に合わせてゲインを調整します
  5. 出力を10Vに調整できない場合、システムは目的の範囲に対応できません。 より小さな範囲を選択する必要があります。

設定点スイッチ出力の調整
  1. アプリケーションにプローブをインストールします。
  2. プローブ/ターゲットのギャップを目的のセットポイント条件に設定します。
  3. スイッチの調整を回して、スイッチのLEDが緑から赤に変わるまで調整します。

セットポイントスイッチ出力

スイッチ出力は、光学的に絶縁された機械式リレーのソリッドステートバージョンです。 機械的なスイッチのように動作します。

ヒステリシス:

スイッチの発振を防ぐため、スイッチがアクティブになると、セットポイント電圧が0.1 Vずつ変更されます。 たとえば、セットポイントが5 Vに設定されている場合、スイッチがオンのとき、セットポイント電圧は4.9Vに変わります。 スイッチがオフになると、セットポイントは5 Vに戻ります。


ドライバー接続
ドライバー接続 接続なし この端末への入力または出力接続はありません。
接続なし この端末への入力または出力接続はありません。
グラウンド 入力電圧グランド基準(リターン)
VDC入力 + 12〜 + 24 VDC @ 150mA電源入力。 仕様を維持するには、入力電圧リップルが40 mV pp未満である必要があります(線形電源を使用)。
V出力 0〜10 VDCの較正済み出力。 プローブが校正範囲外の場合、出力電圧の範囲は–5〜+ Vinになります。
V Outグラウンド 電源入力グランドに内部接続されています。
スイッチ 出力電圧が調整可能な設定値を超えると、スイッチが閉じます。 次のページのセットポイントスイッチ出力の詳細を参照してください。

 


【仕様】
アナログ出力 0-10 VDC(標準)、0Ω
解決* 0.2%@ 10 kHz
応答周波数 10 kHz(-10%/ + 30%)
ミッドレンジでの熱ドリフトの調査 ±0.2%FS /°C
セットポイント切り替え出力 最大電圧 30 VAC / 60 VDC
最大電流 250ミリアンペア
オン抵抗 2.5Ω
ヒステリシス 0V
反応時間 0.25 mSオン; 0.05 mSオフ
入力パワー 12-24 VDC、2 W
ドライバーの動作環境 4°Cから50°C、IP40
プローブ動作環境 標準プローブ -25°Cから125°C、IP67
高温プローブ -25°Cから200°C、IP63

 

*仕様は、アルミニウムおよび/または4140スチールターゲットに基づいています。
高EMI環境(10 V / m)では、出力レベルがシフトし、ノイズレベルが600 mV RMS(分解能6%)に上昇する場合があります

さらに詳しく

渦電流変位センサーの動作と応用の理論の詳細については、次のWebサイトを参照してください。 www.lionprecision.com。 または www.eddycurrentsensing.com

Lion Precisionに連絡してサポートを受ける場合は、プローブ/ドライバーのモデル番号とシリアル番号をメモしてください。

アプリケーションの支援または顧客サービスの場合:

651-484-6544を呼び出します

Eメール: info@lionprecision.com