スピンドルチェックアナライザー(SCA)

スピンドルチェックアナライザー(SCA)

スピンドルチェックアナライザー(SCA)は、ANSI / ASME、ISO、およびJIS規格に従ってスピンドルのエラーモーション(動的変位および熱変位)を測定しスピンドル性能を評価します。 エラーモーションは、加工された製品に形状誤差を生じさせます。 エラーモーションは、工作機械の他、さまざまな精密機械のスピンドルにおいても機械性能を左右する重要な要素であります。

スピンドルのエラーモーションは加工された製品の形状誤差に直結します。実際に切削工具が接触している位置は正しい位置からどれほど離れているのか? 正しい 場所は切削工具です 実際に ワークに接触していますか?

スピンドルチェックアナライザー(SCA)は、真の運転速度でスピンドルまたは回転シャフトの動きを測定します。 そして加工品質を低下させるエラーモーションを測定し出力します。 エラーモーションの測定は、トラブルシューティングに役立ち、不必要なスピンドルの再製作、調整(非常に一般的な作業)を防ぎ、加工品質の向上につながります。

システム概要

  • 高分解能の静電容量変位センサー
  • 精密な球形または円筒形のターゲット(ゲージ)
  • 丈夫なセンサー取り付けハードウェア
  • データ収集用コンポーネント
  • エラーモーション測定用のソフトウェア
主な利点
  • 次のような加工エラーを予測および防止します。
    • 表面仕上げ
    • 位置出し
    • 真円度
  • 受入れ前に機械性能を検証/テスト
  • 加工エラーの根本原因の究明

スピンドルのエラーモーション要素を究明・排除

  • ベアリングの真球度エラー
  • ベアリングシートのズレ
  • ベアリングの摩耗
  • 不適切な予圧
  • 構造的な振動
  • 不十分な硬度
  • 機械振動
国際規格で必要な特定の測定
  • 同期 , 非同期 の測定
    • ラジアルエラーモーション
    • アキシャルエラーモーション
    • 傾き誤動作
    • インジケータの読み最大値(TIR、振れ)

こちらを参照してください。 回転軸誤差運動の説明.

国際規格に準拠

  • ANSI / ASME標準B5.54-2005、「CNCマシニングセンターの性能評価方法」
  • ANSI / ASME B5.57-1998 「CNCターニングセンターの性能評価方法」
  • ANSI / ASME B89.3.4-2010、「回転軸、指定およびテストの方法」
  • ISO230-3、工作機械のテストコードパート3、「熱効果の決定」
  • ISO230-7、工作機械のテストコードパート7、「回転軸の幾何学的精度」
  • JIS B 6190-7、工作機械のテストコードパート7、「回転軸の幾何学的精度」
特注の製品については、お気軽にお問い合わせください。迅速に対応致します。