スピンドルチェックインスペクター(SCI)

スピンドルチェックインスペクター(SCI)

SpindleCheck Inspector(SCI)は、実稼働環境を念頭に置いて構築されており、製造現場の迅速な評価に必要な主要機能と、保守および監督者が機器を評価するために必要な機能を追加しました。 SpindleCheck Inspectorを使用すると、クラッシュの前後に特定のマシンがどのように動作するかをすばやく評価できます。 これにより、チームは問題のある領域を絞り込んだり、最高のパフォーマンスを得るためにマシンを実行する必要がある特定のスイートスポットを知ることができます。 スピンドルのコストは、工作機械の総コストの約10%です。 SpindleCheck Inspectorを使用すると、不必要な修理の前にスピンドルの品質を確認できます。

システム概要

  • 高分解能の静電容量変位センサー
  • 精密な球形または円筒形のターゲット(ゲージ)
  • 丈夫なセンサー取り付けハードウェア
  • データ収集用コンポーネント
  • エラーモーション測定用のソフトウェア
主な利点
  • 問題の根本原因の確認または解決
  • 不要なスピンドルの修理または交換の低減
  • ダウンタイムを最短化し、工作機械の使用率の向上
  • スクラップの削減/最高速度と最低速度の特定
  • PMの計画とスケジューリングの改善
  • 工作機械のベースラインを設定し、長期にわたるパフォーマンスの追跡
  • マシンを比較し、より適切なジョブの割り当て
  • クラッシュ後、PMを行う前にスピンドルを測定
  • 新しい工作機械の認定
  • 測定を行うための段階的な手順のソフトウェアチュートリアル
  • 特定のマシンの分析のためのマシン機能レポート
  • どの機械が仕事に最適かを理解するためのショップ能力レポート
  • ワイヤレス対応なので、すべての安全性が確保された環境でセンサー機器を動作させることができます
  • 持ち運びに便利なバッテリー駆動(長寿命のための交換可能なバッテリー)

国際規格に準拠

  • ANSI / ASME標準B5.54-2005、「CNCマシニングセンターの性能評価方法」
  • ANSI / ASME B5.57-1998 「CNCターニングセンターの性能評価方法」
  • ANSI / ASME B89.3.4-2010、「回転軸、指定およびテストの方法」
  • ISO230-3、工作機械のテストコードパート3、「熱効果の決定」
  • ISO230-7、工作機械のテストコードパート7、「回転軸の幾何学的精度」
  • JIS B 6190-7、工作機械のテストコードパート7、「回転軸の幾何学的精度」
特注の製品については、お気軽にお問い合わせください。迅速に対応致します。