LRD2100 –静電容量タイプ

LRD2100 –静電容量タイプ

デュポン賞を受賞したLRD2100は、世界初の透明ラベル検出センサーです。

LRD2100は、1995年に販売を開始した最初のラベルセンサーです。この静電容量ラベルセンサーは、速度、精度、および温度安定性を追求した究極の差動構成(2センサーエレメント構成)センサーです。 また、ラベル素材及びラベル印刷材に金属材料が無い場合、トラブルのないパフォーマンスと最小限の感度調整のみで稼働します。 但し、ラベルにメタリックインクまたはホットスタンプ(箔押し)が使用されている場合は、LRD6300をご利用下さい..

LRD2100ラベルセンサーは、ラベルを変更するときに調整が必要になることはめったにありません。 それらは最初にインストールされたときと珍しいラベルのために調整を必要とするだけです。 ほとんどの場合、ラベルの在庫を変更して移動できます。

主なメリット
 【仕様】
  • 検出技術:  静電容量方式
  • 反応時間: 20 µs
  • 位置精度: 0.002インチ(0.05 mm)
  • スイッチング周波数: 10 kHz
  • 動作温度: 40°F〜140°F | 4°C-60°C
  • 出力: NPN、PNPオープンコレクター
  • IPコード: IP54
  • 電源: + 11-28 VDC
  • フォーク幅:  0.8 mm / .31″
  • 棒グラフ表示:  いいえ

標準コネクタ

Cタイプコネクタ

特注の製品については、お気軽にお問い合わせください。迅速に対応致します。