CPL590

CPL590

ライオンプレシジョンの最新の容量性テクノロジー。 高解像度、高速、デジタル静電容量センサーにより、高さ2Uのエンクロージャーに究極の精度を実現。 このプラットフォームは、アナログ出力とデジタル出力の両方を可能にします。 デジタルプラットフォームは、直線性と安定性を大幅に向上させます。 また、最大4つの独立したキャリブレーションを提供することにより、XNUMXつのプローブに対してより広い範囲のウィンドウを提供します。 

主なメリット
  • デジタル出力
  • USB、SPI、EtherCAT
  • 手頃な2U規格
  • 1つプローブに対して4つの測定レンジを提供
  • 正確な直線性
  • より高い安定性
  • デジタル調整
  • 視覚性が良いインジケータ仕様
  • 調整可能なゼロ
  • ゼロ調整無効
  • シングルまたはマルチチャンネルエンクロージャー
【仕様】

代表的な仕様。 分解能と直線性は、プローブ、範囲、および帯域幅によって異なります。 詳細については、プローブと範囲を参照してください。

  • 分解能 分解能
    • 0.0005 Hzで100%(140pmまで)
    • 0.003 kHzで15%(700pmまで)
    • プローブ/測定レンジに依存、パンフレットの測定レンジ/分解能を参照
  • 応答周波数 (ユーザー選択可能): 100 Hz、1 kHz、10 kHz、15 kHz
  • 測定レンジ:  10 - 12500μm
  • 非直線性(標準):XNUMX%FS以下 <0.1%FS標準
  • 最大温度ドリフト: 0.04%FS/℃
  • BNC出力電圧: ±10V
  • BNC出力インピーダンス: 0オーム、最大10 mA
  • 動作温度: 4〜50°C
  • ゼロ/オフセット調整:  はい
  • 温度ドリフト:  0.04%FS/℃
特注の製品については、お気軽にお問い合わせください。迅速に対応致します。