エアーベアリング C-LVDT  (静電容量式空気軸受型線形可変差動変圧器)

エアーベアリング C-LVDT  (静電容量式空気軸受型線形可変差動変圧器)

非接触静電容量センサーを高性能のLVDTのような接触測定システムとして使用できます。

  • 静電容量センサーと同等の高性能 静電容量センサー
  • エアベアリングによる摩擦のない設計
  • 最小限のサイドローディング効果
  • 最小0.2gの調整可能なダウンフォース
  • 多少の悪環境でも使用可能
  • 引き込み式チップ
  • 交換可能なダイヤモンドチップ
  • 静電容量センサーシステムが必要です(エリート, CPL230または コンパクトドライバー)

ライフサイクルステータス: 現在行われているキャンペーン

詳細以下:
【仕様】  | エアベアリング設計 | 機械式

C-LVDTの仕様
      • 測定測定レンジ: 0.5mm | 0.020インチ
      • 接触力: 0.2gから100g
      • 放射状剛性: <0.25 µm / g
      • ベアリング: 線形の多孔質エアベアリング
      • ダイヤモンドチップ: 半径:3.175 mm | 0.125インチ| マウント:4-48AGDUNF American Gauge Design ネジ仕様
      • 移動質量: 5.55 gシャフト、1.35 gチップ、6.9g合計
      • エア接続: 1/16インチIDフレキシブルチューブ
      • 空気消費量: 3〜7 lpm | 0.10-0.25 cfm
      • 動作空気圧: 420〜480 kPa | 60-70 psi
      • エアフィルターの要件: 5 µmの粒子サイズ
CLVDT図C-LVDTエアベアリング構造

C-LVDTのエアベアリングは、非常に高分解能の接触測定のために重要な製品です。

多孔質カーボンベアリングによりプローブのプランジャー周囲に空気が流れます。 エアクッションによる、摩擦のない動きと半径方向の剛性が与えられ、移動するターゲットをスキャンする際の横荷重の影響を最小限に抑えることが可能です。

ダイヤモンドチップ

Lion Precision C-LVDTには、交換可能なダイヤモンドチップが付属します。 C-LVDTが高精度の測定を実行するには、最高品質の接触インターフェースが不可欠です。

ダイヤモンドの使用によるメリット:

低摩擦–横方向の力により、移動するターゲットからの横振れが少なくなり、方向反転時のヒステリシスが小さくなります。

高度に研磨された表面ーダイヤモンドは、高い研磨性のため、測定面に傷をつける可能性を最小限に抑えます。–ダイヤモンドは高い研磨を受け入れて保持し、測定された表面を傷つける可能性を最小限に抑えます。

最小限の摩耗–精度の向上と長寿命。

C-LVDTの機械的概要

CLVDT図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特注の製品については、お気軽にお問い合わせください。迅速に対応致します。