ユーザーマニュアル| CPL230コンパクトマルチチャネル

のユーザーズガイド

CPL230 –マルチチャネル静電容量センサーシステム

 

PDFファイルをダウンロード


目次

承認と安全性に関する考慮事項

Eliteシリーズは、次のCE標準に準拠しています。

安全性:EN 61010-1:2010 EMC:IEC 61326-1:2013、IEC 61326-2-3:2013

これらの標準への準拠を維持するには、次の動作条件を維持する必要があります。

  • すべてのI / O接続ケーブルはシールドされ、長さがXNUMXメートル未満でなければなりません
  • AC電源ケーブルの定格は、最低250Vおよび5Aでなければなりません
  • AC電源は、定格20A未満の接地された主電源コンセントに接続する必要があります
  • 付属のCE承認済みの電源装置を1スロット、2スロット、および3スロットエンクロージャで使用します。 代替電源を使用する場合は、同等のCE認証を取得し、IEC60950または61010に基づいて主電源から安全に絶縁する必要があります。
  • センサーは、33VRMSまたは70VDCを超える危険電圧で動作する部品に取り付けないでください。

他の方法で装置を使用すると、その安全性とEMI保護が損なわれる場合があります。


概要

CPL230マルチチャンネル静電容量変位センサーは、高精度の位置および変位アプリケーション向けに最大XNUMXチャンネルの非接触変位測定を提供します。 このマニュアルは、システムを最大限に活用するために必要なすべての情報を提供します。

エンジニア、技術者、および保守要員は、ターゲットとの接触が不可能または望ましくない機械的変位の高精度測定にCPL230が非常に貴重であることに気付くでしょう。 高速回転スピンドルなどのターゲット、またはプローブに接触することで損傷または偏向する可能性のある部品を、信頼性と精度で測定できます。

CPL230は、XNUMX〜XNUMXチャンネルの静電容量センシングで注文されている場合があります。

システム内容

ご使用のシステムには、このマニュアル、CPL230マルチチャンネル静電容量センサー電子機器、電源、各チャンネルにXNUMXつのプローブ、および各チャンネルにNISTトレーサブルなキャリブレーションシートが含まれています。 各チャネルは、ご注文の仕様に従ってプローブに対して特別に較正されています。 このため、各プローブは特定のチャネル用に色分けされています。 プローブが適切なチャネルで使用されていることを確認してください。

プローブ/チャンネルの特定

個々のプローブは、特定のシステムの特定のチャネルに対して較正されます。 プローブは、ケーブルの両端に小さな色付きのリングで色分けされています。 電子機器の各チャンネルは、指定されたプローブに合わせて色分けされています。

各CPL230には、エンクロージャーのエンドパネルにキャリブレーションラベルが貼られています。 各ラベルには、プローブのシリアル番号と、キャリブレーション先のチャネルが記載されています。 この情報は、色分けを超えてプローブ/チャンネルの関係を検証する必要が生じた場合に使用できます。

校正

お使いのシステムは、Lion Precisionが設計した精密キャリブレーターでキャリブレーションされました。 システムはナノメートルの精度で較正されています。 すべてのキャリブレーションはNISTにトレーサブルです。

Lion Precisionでは、最大精度を確保するために、年にXNUMX回工場でシステムを再調整することをお勧めします。

プローブ励起信号位相調整

プローブからの励起電圧により、ターゲットに電流が流れます。 単一のプローブを使用する場合、電流はターゲットを介してグランドに流れます。 ターゲットが地面に接続されていない場合、オペレーターの手を含むターゲットの近くのオブジェクトに関連する小さなエラーが発生する可能性があります。 これらの誤差は小さく、最高の精度で測定する場合にのみ関係します。

複数のプローブを使用する場合、電流がプローブに出入りし、電流がグランドに流れないように構成できます。 これにより、ターゲットがグランドに接続されていないことによるエラーが減少します。

230つ以上のチャンネルを備えたCPLXNUMXは、すべてのプローブが同じターゲットを測定するように構成されており、ターゲットからグランドへの電流はほとんど発生しません。

グランドに接続されたターゲットを使用する場合、マルチチャネル構成は効果がなく、プローブは任意の組み合わせで使用できます。

マニュアルを使用する

このマニュアルには、CPL230に接続するための情報と、プローブの位置を設定するための手順が記載されています。 システムに慣れたら、仕様について、または接続情報を確認するために、このマニュアルを時々参照するだけで済みます。

困ったときは

Lion Precisionは、システムを最大限に活用できるように支援したいと考えています。 何かできることがあれば、お問い合わせください:

Telephone: 800-292-6544, 651-484-6544

一般情報: info@lionprecision.com

サービスまたは校正: support@lionprecision.com

売上高: sales@lionprecision.com

テクニカルライブラリ

当社のウェブサイトには、可能な限り最も正確な測定を行うための有用な情報、および製品情報とマニュアルで満たされた技術ライブラリが含まれています。 www.lionprecision.com、クリック テクニカルライブラリ メニュー項目。


CPL230への接続

 

プローブ接続

CPL230には、チャネルごとにXNUMXつのプローブコネクタがあります。 各プローブは、指定されたチャネルに色分けされています。


プローブを接続するには
  1. プローブコネクタを対応するCPL230チャネルコネクタに挿入します。
  2. コネクタの赤い点が揃うまで回転します。
  3. カチッと音がするまでコネクタを押し込みます。

切断するには
  1. ラッチ機構を解除する、プローブコネクタの刻み付きバレルを引っ張ります。

ケーブルを引っ張ってプローブを取り外すことはできません。

適切に動作させるには、プローブを指定されたチャンネルに接続する必要があります。

 


電源接続

 

電源要件

CPL230に付属の電源は、必要な±15VDC入力電力を提供します。 独自の電源を使用する場合、電源ラインからの高周波ノイズが出力に現れる可能性があることに注意してください。 高解像度の結果を得るには、必ずクリーンな電力を提供してください。

POWER INまたはANALOG OUTPUTコネクタを介して電源を接続します。


POWER INコネクター

9〜4個の取り付けハードウェアを備えた40ピン、オス、D-Subコネクタ。

ピン割り当て

ピン 接続
1 グラウンド
2 NC
3 -15VDC
4 + 15VDC
5 NC
6 NC
7 NC
8 NC
9 NC

アナログ出力接続

各チャンネルのアナログ出力は、ANALOG OUTPUTコネクタによって提供されます。 ピン配置については、下の表を参照してください。

アナログ出力は、差動で使用することを目的としており、それに応じて較正されます。 キャリブレーションシートには差動出力が示されます。


差動出力

非反転出力と反転出力は、差動出力として一緒に使用されます。 差動出力は、コンピューター、電源トランスなどのノイズ源によって接続線に誘導される電気ノイズを除去するのに役立ちます。

プローブがターゲットに近づくと、非反転出力電圧は(グランドに対して)より正になります。 プローブがターゲットに近づくにつれて、反転出力電圧は(グランドに対して)より負になります。 非反転出力と反転出力は、それぞれグランドに対して±5 VDCです。 したがって、差動出力は±10 VDCです。

アナログ出力接続ピンは、最大の差動ノイズ低減のためにツイストペアリボンケーブルを使用できるように配置されています。

出力をグランドに接続しないでください。ユニットが損傷します。


シングルエンド出力

非反転または反転出力は、グラウンド基準のシングルエンド出力として使用できますが、感度はキャリブレーションシートに示されているものの半分になります。 たとえば、1 V / mmでキャリブレーションされた差動出力は、シングルエンド出力として使用すると0.5 V / mmを生成します。


シングルアース接続

オプションのデータ収集デバイスへの接地接続用に、接地接続ネジが用意されています。 CPL230グラウンドとデータ収集グラウンドを接続すると、パフォーマンスが向上する場合があります。 詳細については、データ収集マニュアルを参照してください。


アナログ出力コネクタ

15〜4個の取り付けハードウェアを備えた40ピン、メス、D-Subコネクタ。


ピン割り当て

警告:アナログ出力をグランドに接続しないでください!

アナログ出力
非反転出力 ピン 反転出力
Ch1非反転 9 Ch1反転
Ch2非反転 10 Ch2反転
Ch3非反転 11 Ch3反転
Ch4非反転 12 Ch4反転
Ch5非反転 13 Ch5反転
Ch6非反転 14 Ch6反転
パワーイン
ピン 接続 ピン 接続
7 + 15VDC 15 グラウンド
8 -15VDC

 


帯域幅を変更する

帯域幅が広いほど、高速で移動するターゲットを正確に測定できます。 帯域幅を狭くすると、出力のノイズが減り、解像度が高くなります。 CPL230は、システムで受け取った順序およびキャリブレーションシートで特に指定されていない限り、15 kHzに設定されます。

エンクロージャ内のXNUMXつのスイッチは、すべてのチャネルの帯域幅を設定します。 それらを変更するには:

ドライバーの底にある4本のネジを外し、カバーを取り外します。

帯域幅は、DIPスイッチS1の位置2および2によって制御されます。

他のスイッチを変更しないでください

この表に従って目的の帯域幅を設定します。

ポジション1 ポジション2 応答周波数
ON ON 100ヘルツ
ON オフ 1kHz
オフ ON 10kHz
オフ オフ 15kHz

 

 


【仕様】
解決 * キャリブレーションに応じて、0.004 kHzで標準15%FS
直線性誤差 ±0.5%FS標準、キャリブレーションに依存
エラーバンド ±1.0%FS標準、キャリブレーションに依存
帯域幅(-3 db) DIPスイッチは100 Hz、1 kHz、10 kHz、15 kHzを選択可能(–10%+ 30%)
運転温度 4°-50°C
プローブの熱安定性 0.04%FS/℃
出力インピーダンス
最大出力電圧 ±13.5VDC
出力最大電流 20ミリアンペア
電源入力

+15 VDC(±5%)@ 500 mA最大

–15 VDC(±5%)@ 500 mA最大

 

* RMS; ピークツーピーク値は通常、RMS値の8〜10倍です。 高EMI条件(10 V / m)では、出力DCレベルがシフトし、ノイズが0.25 VRMS(1.3%分解能)に上昇する場合があります。


機械的データ