輸出とEAR99分類

ライオンプレシジョン変位センサーは非常に高い解像度と精度を備えているため、核研究、兵器開発、その他の軍事用途に使用できます。 したがって、米国政府は、当社の製品の多くの輸出または再輸出のために輸出許可を取得することを要求しています。

ライオンプレシジョンが特定の国に輸出管理製品を出荷する場合、製品を出荷する前に、ライオンプレシジョンは輸出許可を申請して受け取る必要があります。 輸出許可を取得するには、Lion Precisionが最終荷受人(エンドユーザー)をリストする必要があります。

これらの製品のいずれかを米国外の宛先に出荷する場合は、製品を最終宛先に出荷する前に、輸出ライセンスを申請して受け取る必要があります。

ほとんどの欧州連合諸国、オーストラリア、日本、韓国、およびカナダへの輸出には、通常輸出ライセンスは必要ありません。

輸出許可は、米国商務省産業安全保障局(BIS)によって管理されています。 BISシステム内では、Lion Precisionの静電容量式および渦電流式変位センサーの輸出管理分類番号(ECCN)は2B006.B.1.aです。

輸出ライセンス要件の回避
EAR99分類

0.2 µm以下の解像度のセンサーシステムには、輸出許可が必要です。 0.2 µmを超える解像度値のセンサーシステムは「EAR99」に分類され、輸出許可は必要ありません。 輸出許可には数週間から数か月かかる場合があり、場合によっては拒否される可能性があるため、LionPrecisionは一部のセンサーのEAR99バージョンを提供しています。 これらのセンサーバージョンは、製品の他のすべての機能を維持しながら、0.2 µmを超える解像度値を維持するように特別に設計されています。