定義| 帯域幅

周波数応答とも呼ばれる帯域幅は、測定された変位の変化に応答する変位センサーの能力を示します。 -3dBポイントで測定され、次のことを示します。

  • 振動するターゲットの周波数に対して出力がどのように変化するか
  • 動いているターゲットを測定するときにキャプチャして出力に表示できる周波数

サンプリングレートや伝送速度などのデジタル情報に関するものではありません。

センサーの帯域幅は通常、周波数の上限のみを示し、センサーがDC(0 Hz)レベルで動作すると想定しています。

指定された頻度で何が起こるか (-3dB)?

帯域幅の仕様は-3dBポイントです

15 kHz帯域幅曲線

 

センサーの記載された帯域幅は、出力電圧が低周波数(またはDC)出力レベルの70.7%に低下する周波数であることを理解することが重要です。 これは、100 µmの変位で振動するターゲットは、センサーの帯域幅指定周波数で振動する場合、70.7 µmとしてのみ測定されることを意味します。