渦電流センサーの校正

渦電流テクニカルノートLT02-0013

著作権©2007 Lion Precision。 www.lionprecision.com

サマリー

このテクニカルノートでは、渦電流ドライバECL101、ECA101、およびECL130のフィールドキャリブレーションプロセスについて説明します。 この手順は、工場出荷時の範囲と仕様に対するキャリブレーションに限定されています。

ECL101

ECL101出力は0-10VDCです。 ゼロボルトは、オフセットと呼ばれるターゲットに最も近いポイントにあります。

これらの手順は、工場出荷時の元の範囲に再校正するためのものです。 大幅に異なる範囲および/またはオフセットへのキャリブレーションは、範囲LEDの動作、および温度と解像度の仕様に悪影響を及ぼします。

キャリブレーションには、プローブ/ターゲットのギャップを正確に調整するための適切で正確な方法が必要です。

  1. フロントパネルのゼロ調整を中間点に配置します(一方向に25回転し、12回転戻ると調整が中心になります)。
  2. プローブ/ターゲットのギャップを最小(オフセット)に設定します。
  3. 出力電圧を0.00 VDCに設定するには、デバイスの下部にあるキャリブレーションゼロ調整を使用します。
  4. プローブ/ターゲットギャップを範囲の中間点に配置します。
  5. キャリブレーションゲインを使用して、出力を5.00VDCに設定します。
  6. プローブ/ターゲットのギャップを最大に配置します。
  7. キャリブレーションの粗いまたは細かい直線性を使用して、出力電圧を10.00VDCに設定します。
  8. さらに調整する必要がなくなるまで、手順2〜7を繰り返します(以下のヒントを参照)。

ヒント:直線性を調整する場合は、同じが反対の量の誤差電圧に合わせて出力を調整します。 たとえば、出力が9.950VDCの場合、10.050VDCに調整します。 これにより、手順2〜7の反復の総数が短縮されます。 直線性の調整が10ボルトに近づくと、より細かい制御のためにFine Linearityを使用します。

目標範囲 プローブターゲットギャップグラフ

 

 

 

 

ECL101出力は0-10VDCです。 ゼロボルトは、オフセットと呼ばれるターゲットに最も近いポイントにあります。

ECL130

ECL130の出力は±10VDCです。 ゼロボルトはスタンドオフと呼ばれる範囲の中心にあり、-10Vはターゲットに最も近いポイントにあります。

これらの手順は、工場出荷時の元の範囲に再校正するためのものです。 大幅に異なる範囲および/またはオフセットへのキャリブレーションは、範囲LEDの動作、および温度と解像度の仕様に悪影響を及ぼします。

キャリブレーションには、プローブ/ターゲットのギャップを正確に調整するための適切で正確な方法が必要です。

  1. ギャップをスタンドオフ(範囲中心)に設定します。
  2. CoarseおよびFine Zero調整で出力を0.000VDCに設定します。
  3. ギャップをニア(最小ギャップ)に設定します。
  4. ゲイン調整を使用して、出力を–10.000VDCに設定します。
  5. ギャップをFar(最大ギャップ)に設定します。
  6. CoarseおよびFine Linearity調整を使用して、出力を+ 10.000VDCに設定します。
  7. 調整は相互作用するため、必要に応じて手順1〜6を繰り返します(ヒントを参照)。

ヒント:直線性を調整する場合は、同じが反対の量の誤差電圧に合わせて出力を調整します。 たとえば、出力が9.950VDCの場合、10.050VDCに調整します。 これにより、手順1〜6の反復の総数が短縮されます。 直線性の調整が10ボルトに近づくと、より細かい制御のためにFine Linearityを使用します。

目標範囲 スタンドオフグラフ

 

 

 

 

ECL130の出力は±10VDCです。 ゼロボルトはスタンドオフと呼ばれる範囲の中心にあり、-10Vはターゲットに最も近いポイントにあります。

 

ECL130調整ロケーター

 

 

 

 

 

ECL130調整ロケーター

 

ECA101

ECA101出力は0-10VDCです。 ゼロボルトは、オフセットと呼ばれるターゲットに最も近いポイントにあります。

キャリブレーションには、プローブ/ターゲットのギャップを正確に調整するための適切で正確な方法が必要です。

  1. プローブ/ターゲットのギャップを最小に設定(オフセット)
  2. 0VDC出力用のフロントパネルゼロの調整
  3. プローブ/ターゲットのギャップを最大に設定します
  4. 希望の出力電圧(通常10VDC)に合わせてフロントパネルのゲインを調整します
  5. 出力電圧が目的の出力電圧に調整されない場合:
    出力が目的の電圧を下回る場合、範囲を拡大する必要があります。
    出力が目的の電圧を超えている場合、範囲を小さくする必要があります。
  6. 出力電圧が範囲全体で変化することを確認します。

絶対最大および最小ギャップがあり、それを超えると出力は変化しません。 これらの点が校正範囲内にないことを確認してください。

目標範囲 プローブ/ターゲットグラフ

 

 

 

 

ECA101出力は0-10VDCです。 ゼロボルトは、オフセットと呼ばれるターゲットに最も近いポイントにあります。