透明ラベルセンサー–技術の略歴

透明ラベルセンサー 1995年にラベル市場で注目されたのは、透明ラベル(1980年代より増加して来た)の検出を可能にし、アイマークを必要としないラベルセンサーです。これは業界の要求に応えるためでした。 アイマーク.

Lion PrecisionのLRD2100は、包装業界に導入された業界初の透明ラベル検出センサーでした。 差動容量センサー このラベルセンサーは、透明ラベル検出用、業界初の差動構成(XNUMXセンサーエレメント構成)静電容量センサーでした。 また、新しいテクノロジーであるため、価格は透明ラベルの検出が不可能なこれまでの光学式ソリューションよりもはるかに高額でしたが、包装業界には、新しい透明ラベル検出センサーのソリューションとして、いち早く受け入れられました。

まもなく、出荷量(生産量)の増加及び透明ラベル検出の一つの革命として、価格はこなれて行きました。

但し、このLRD6110タイプは、金属またはカーボン系材料等のラベルは、正確に検出できません。 こういった問題を解決するために、Lion PrecisionはLRDXNUMX(シングルエンドタイプ)を開発しました。 シングルエンド静電容量センサーこの新しいテクノロジーは、ほぼすべてのラベルタイプ(透明、不透明)と素材(透明フイルム、紙、金属系材料等)の検出を可能しました。また、オペレーターによるセンサーの調整を助ける、より詳しいセットアップ用インジケーターも備えていました。

唯一のラベル検出の課題であったラベルタイプは、金属系素材/箔等のラベルでした。 この種のラベルには透明ラベルセンサーを必要とはしませんが、最終的な目標は、ラベルごとにラベルセンサーを変更すること無く、あらゆるタイプのラベルを8200台で検出できるオールマイティのラベルセンサーの創造です。その目標に応えて、Lion PrecisionはLRDXNUMXを設計しました。 超音波クリアラベルセンサー。 超音波技術は、ラベルの金属材料の影響を受けず、すべての材料タイプを感知できます。 ただし、ラベル及びラベルロール(台紙)の重なり等により共振を起こし、ラベル検出が難しくなる場合があります。

真にあらゆるラベルを検出できる究極のラベルセンサーが引き続き求められています。 その技術はまだ開発されていませんが、パッケージング業界において、透明ラベル検出センサー革命が起きて以来の関心事案です。